2015年12月08日

冬に増加するニキビの予防にぴったりの美容成分は?


ニキビは皮脂の多くなる夏場に増える肌トラブルと思いがちですが、
実は冬にも多くなるトラブルなのです。
どうして乾燥する冬場でもニキビが出来てしまうのでしょうか。

冬になると気温や湿度が低くなり、空気が乾燥してしまいます。
すると肌も水分が奪われ、乾燥するようになってしまうのです。
肌が乾燥するようになると肌のターンオーバーが遅くれがちになり、
古い角質が毛穴に詰まる事でニキビが出来やすくなります。
つまり冬になって出来るニキビは、
肌の乾燥を防ぎターンオーバーを整えると予防する事が出来るのです。

夏に出来やすくなるニキビには、
ビタミンCなどの抗酸化作用のある成分が効果的ですが、
冬のニキビにはセラミドがお勧めです。
セラミドは冬の乾燥にも負けない肌を作る事の出来る成分で、
湿度の低い環境でも肌の潤いをしっかりと守ってくれます。

また角質ケア成分AHAも冬のニキビには効果的な成分のひとつです。
AHAはBHAよりも皮脂を奪いすぎないので、
乾燥するけれど角質が溜まりやすくなる冬のニキビケアには最適です。
冬場であっても適度な角質ケアをする事で、実は乾燥対策にもなるのです。
角質ケアなしでは、いくら乾燥対策を行っても古い角質が邪魔をして肌に浸透してくれる事はありません。

セラミドを使った保湿と、
AHAを使った肌に優しい角質ケアを併用すれば、
冬のニキビを効果的に予防してくれることでしょう。

N825_mahura-girl-thumb-1000xauto-14787.jpg
posted by にきびっピ at 12:05| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: