2015年03月10日

背中ニキビの原因になっている寝汗の対策

これから暖かくなってくると背中ニキビに気を付けなければいけません。
夏の間は特にかきやすい寝汗が背中ニキビの原因になってしまうからです。

これまでの私は寝汗をかいてもあまり気にしていませんでした。
夏は暑いのですから汗をかくのが当然ですし、
汗をそのまま放置したまま寝ていました。
しかし、そんなことを続けていたら、背中ニキビができてしまいました。
原因はやはり寝汗を放置していたことによるものです。
ただ、それを境に私の寝汗に対する意識が変わりました。

背中ニキビができてしまうととてもかゆくなって気持ちが悪いですし、
赤くなってしまって肌が荒れると手に負えなくなってしまいます。
そうした肌トラブルは意外と治りが遅かったりしますし、
やはり前向きに改善をさせなければいけないと思いました。

そこで夏の間は扇風機をつけてタイマーをセットしておくことにしました。
そうすればすんなりと眠れますから、
だいぶ無駄な寝汗をおさえることができます。それでも暑くて汗をかくので、
夜中トイレなどで起きたときはタオルで体全体を拭くようにしました。
少しでも汗を背中にベタつかせないための対策です。

こうして汗に対するケアを少しでもすることで、
背中ニキビの発症をおさえることができます。
完璧に防ぐことは難しいかもしれませんが、
症状を軽減させることにはつながると思っています。
タグ:背中ニキビ
posted by にきびっピ at 15:37| ニキビ